FC2ブログ

「消費税の取扱事項」に関する法人間契約の注意点と対応策

私が執筆した「消費税の取扱事項」に関する法人間契約の注意点と対応策がProfession Journalにて連載されます。

 【第1回】「税率変更に伴う保守サービス等契約書作成・修正に関する留意点」は1月9日
 【第2回】「工事進行基準の特例(経過措置)の適用に関する留意点」は1月16日
 【第3回】「請求者と支払者との税率の齟齬が生じる場合の対応策と法的問題点」は1月23日

にそれぞれ公開されます。

スポンサーサイト



税理士が実際に悩んだ相続問題の法務と税務

私が執筆しました『税理士が実際に悩んだ相続問題の法務と税務』が清文社より出版されました。

本書は、弁護士が税理士からよく相談を受ける相続問題であるにもかかわらず、専門的かつ多角的な観点から十分な顧客サービスが提供されていないと思われるもので、その中でも税理士が実務で直面しやすく、知識を深める必要があると感じているテーマを厳選し、方法論と詳細説明という形式にて「わかりやすく」「実務的に」解説したものです。
相続法に関する知識、解決のための糸口をはじめ、「意外と知られていない」最も有利な方法論、及び実行するに当たっての法務・税務上の留意点など、日ごろ、税理士が踏み込んで知りたいにもかかわらず、なかなか得ることのできない知識・情報をストレートに提供し、税理士が実務で直面しうる相続問題の大部分をカバーしています。

【目次】

第1章 相続による借金を負担することなく特定の財産を確保する方法
第2章 遺産分割協議に関与することなく相続財産を確保する方法
第3章 相続人不在、相続人不明の場合の相続関係
第4章 遺留分減殺請求権に対する対応策
第5章 在日外国人の相続手続(アメリカ・中国・台湾・韓国)
第6章 信託を活用した経営承継
第7章 遺産分割後に新たな遺産が発覚した場合の対応策
第8章 代償分割と換価分割の有利選択
第9章 遺言内容と異なる遺産分割を行う方法
第10章 相続税に係る税務調査での対応策

Doing Business in Japan Taxation

私が執筆に加わった『Doing Business in Japan』(北川善太郎編・53版改訂版)がLexisNexis社から出版されました。

 本書は、主に外国企業が日本国において商取引を行うに当たり必要となる法令等を英文にて解説するもので、Consumption Tax(消費税)を担当執筆しております。

経営者のための経営承継セミナー(経営承継に関するリスクコントロール)


経営者のための経営承継セミナー(経営承継に関するリスクコントロール)

日時 平成25年7月9日
時間 午後2時~午後4時
場所 中之島ダイビル
主催 大阪中小企業投資育成株式会社
講師 弁護士・税理士 米倉裕樹、同山口要介

 本講演では、経営者にとって避けることのできない課題である「経営承継」について、現状行われている方策(種類株式の利用、従業員持株会の利用、民事信託等)の具体的内容を紹介し、問題点等を提示した上で、現状考えられる経営承継対策の最善策について検討し、解説をしました。

そこが危ない!消費増税をめぐる契約実務Q&A

私が執筆させていただいた『そこが危ない!消費増税をめぐる契約実務Q&A』が清文社より出版されました。

 本書は、消費税法改正による取引上の契約実務に与える影響、留意点、対応策に関し、法務、税務が交錯するテーマを、税理士、弁護士、企業の担当者の方々を対象に、分かりやすく、かつ詳細に解説したものです。

 改正消費税法、経過措置の概要の解説から始まり、消費増税にまつわる契約実務対策・留意点を契約書の雛形等も随時、紹介した上で、Q&A方式で解説するとともに、税制改正に伴う税理士の依頼者に対する責任と対応策、課税庁との関係、下請法・優越的地位の濫用に関する留意点、消費増税にまつわる国際取引での留意点等もテーマに加え、消費税法改正にまつわる論点を網羅的にカバーしています。